ミュゼのワキ脱毛

入店から退店までの流れ

脱毛には興味があるけれど、どんな風に施術を進めていくのかどんな格好で行けばよいのか。些細なことですが、初めて施術する時はいろいろ気になりますよね。そこで私が札幌のミュゼで体験したワキ脱毛の流れをお話したいと思います。

 

私が通っているのはミュゼの札幌琴似店ですが、パルコや札幌中央店など他の店舗でもきっと同じような流れになると思うので参考にしていただければ幸いです。

 

パルコ

 

まずは行きたい日と時間を決めて予約。当日は時間厳守!10分以上遅刻の場合はキャンセル扱いになってしまうので時間には余裕をもって出掛けましょう。他のエステでは、契約の1回分が消化になったり、罰金をとるということもあるようなのですが、ミュゼはこれでもかなり優しいのです。

 

 

受付を済ませると、お部屋やスタッフの準備ができるまでの数分間待合室で待ちます。施術する部屋に入ってからは、靴や上着、バックなどを指定の鍵付ロッカーへ。

 

個室なのにどうして鍵つきなんだろう? と思いましたが、施術中は目を保護するためにゴーグルをかけるのですが、ゴーグルをかけてしまうと回りの様子がわからなくなりますので、ロッカーに鍵がついていると安心して施術を受けられます。こうしたところにもミュゼの細かな気配りが感じられます。

 

そして、指定のキャミソールに着替えてスタッフさんが来るのを待ちます。指定の服があるので、当日の服装を気にする必要はありません。

 

ここから先はスピーディーです。ベットに仰向けで両腕をあげた状態で横になります。。おしぼりで両ワキを拭いた後、ジェルを塗って施術開始です。基本的には無痛ですが、場所によっては輪ゴムをはじいたくらいの痛みがあるそうですが、私はそこまでの痛みは感じませんでした。ピカっピカっと専用機器の光が数回光ったと思ったらおしまい。

 

両ワキにアイシングをはさんで幹部を冷やしますが、自分では患部が熱くなっているという感覚はまったくありません。アイシングが終わると着替えをしてその日の施術は終了です。

 

支払いはカウンセリングの際に済ませてあるので、施術のたびに支払いをする必要はありません。入店してから退店までの所要時間約20分。これならショッピングの前や仕事帰り、家事の合間にも十分に通えます。施術箇所が増えればその分時間がかかると思いますが、ワキだけなら、準備する時間も含めてたった20分でツルツルキレイになれちゃいます。

 

札幌のミュゼの口コミ体験談はこちら